自賠責保険と任意保険の違いについて

自動車保険|自賠責保険と任意保険の違いは?

自賠責保険と任意保険の違い

自動車保険には「自賠責保険」と「任意保険」があることは、車に乗っている方ならほとんど誰でも知っていることじゃろう。じゃが!このサイトは女性訪問者が多いからのう・・・!もしかしたら「えっ!?それっておいしいの?」的な感覚の方もいるかもしれん!

 

そんな方のために簡単に説明するぞい!

軽自動車博士


 

自動車保険には、「自賠責保険」と「任意保険」がある。
自賠責保険は別の呼び方として「強制保険」と言われているので、聴き馴染みが深いだろう。これはその名の通り必ず入っておかなければならない保険で、もし自賠責保険に加入せずに車を運転していると、重い罰則が適用されるから必ず入っておこう!

 

※自賠責保険に未加入または有効期限が切れていた場合「1年以下の懲役、または50万円以下の罰金」となる

 

それに対して「任意保険」はその名の通り、任意で入る保険なので、必ずしも加入しなければならない決まりはない。但し、仮に不運にも死亡事故を引き起こしてしまった場合、億単位の保証金が課せられることもあり、とてもじゃないけど自賠責のみで賄うことは無理になる。自賠責保険では、死亡、または後遺症障害に対しては最高3000万円(常時介護時は4000万円)、傷害時には120万円までときめられているからだ。

 

これで分かる通り、任意保険に入っておくことはクルマに乗る以上、ほぼ必須といっても良い保険として認知されているために、ほとんどの方が任意保険への加入をした上でクルマを運転していることになる。

 

どうせ入るなら安い保険に入りたい!

自賠責保険はどの保険会社で加入しても同じ価格になるが、任意保険については各保険会社でサービス内容、支払う金額などが異なってくる。どうせ加入するなら、同じサービス(保障内容)で安い保険支払額の保険会社を選びたいもの。

 

そのためには、クルマの査定時と同様に、複数の保険会社から一括で見積を取り寄せるのがお薦め。大手どころの保険会社から安くて定評のある保険会社まで一括して見積が取れるため、自分と自分のクルマにピッタリな任意保険の見積がたくさんの会社から取り寄せられるため、非常に便利なサービスだ。

 

もちろん手数料も掛からないので、これから任意保険に入る方は、出来るだけ早めにやってしまっておこう。

 

自動車保険に格安で入るためにはこちら!