軽自動車 リセールバリュー

軽自動車はリセールバリューまで考えた購入が結果としてお得になる!

リセールバリューを考えるなら新車のほうがお薦め

 

軽自動車は中古車市場での人気が高い。

 

維持費の安い軽自動車を新車よりも安い中古車で手に入れたいと考えるユーザーが多いからだ。そのために新車価格からの値落ち車で見ると、普通車よりも小さな値落ちにしかならない軽自動車が多いのが実情だ。

 

個々の車種ごとの人気によっても値落ち率が変わるので単純ではないが、軽自動車の中古車は普通車の中古車に比べて割高な価格が設定されていることが多い。その分だけ手放す中古車のリセールバリューも高い。

 

実際に計算しても、新車から3年経過した軽自動車の中古車を買ってそれから3年乗るくらいなら、新車を買って3年間乗った段階で手放したほうが有利になるようなケースが多いのだ。

 

新車に乗るのと、3年落ちの中古車に乗るのとでは、ユーザーの満足度にも大きな違いがある。そのことも含めて考えたら、リセールバリューの高い軽自動車は新車を買ったほうがますます有利になるといえる。

 

 

ボディタイプ

 

N ONE 無限プレミアム

軽自動車のリセールバリューは上記で解説したとおりだが、自信のニーズに応じたチョイスも大切な要素だろう。

 

一口に軽自動車といってもさまざまなタイプのクルマがある。例えば一般的なセダンタイプから、今売れ筋のハイトワゴン、スーパーハイトワゴン、SUV、ワンボックス、トラックなど、最近なくなってしまったスポーツカーを除くと、ほとんどのタイプのクルマを軽自動車の中から選ぶことが可能だ。

 

売れ筋はハイトワンゴンとスーパーハイトワゴンだが、それ以外のタイプも含めていろいろな軽自動車がラインナップされ、それぞれによく売れている。また軽自動車の主要モデルでは、標準タイプのほかにエアロパーツやヘッドライトの変更などによってスポーティーな外観を備えたモデルをラインナップするのが通例だ。

 

多くのメーカーで「カスタム」などと呼ばれているのがそれで、スズキではワゴンRに対するスティングレーやパレットに対するSWなど、別の呼び方をしているが、いずれにしても多くの車種にスポーティなドレスアップモデルが用意されていたりする。

 

 

軽は売ることを考えたら新車のほうがお得なんですね〜

 

軽の新車購入を格安で買う方法ならこのサイトが得意とするところ☆詳しくはトップページに書いてありますので、新車購入を考えている方はよく読んでおいてくださいね!欲しい軽自動車がきっと他よりずっと安く買えますヨ^^

軽自動車博士助手


 

 

トップへ戻る